TOKYOどぶろくフェスタ
酒田醗酵のどぶろくが最優秀の大賞・優秀賞の二つを受賞!

2010年に続き2回目となったTOKYOどぶろくフェスタ。酒文化研究所が1月28日(土)に浜離宮朝日ホール(東京都中央区)で開催した。

これは来場者が試飲投票でお気に入りのどぶろくを選ぶ、コンテスト型パーティイベント。

今回はどぶろく特区のどぶろくだけでなく、酒蔵がつくるどぶろくや、韓国のどぶろくであるマッコリの出品も募り、コンテストへの出品は61社から109点にのぼった。

当日、TOKYOどぶろくフェスタには200名近い愛好家が集まり、109点(内訳どぶろく82点・マッコリ27点)を真剣に飲み比べた。

ひとり15点~20点の出品酒を試飲評価し、好みのものを2つ選んだ結果、得票率の高い22点(上位2割)が優秀賞に選出された。

さらにそのうち最多得票し、見事に大賞を射止めたのは「どぶろく生部門」の「十二六」(武重本家酒造株式会社・長野県)と、「〃火入れ(加熱殺菌したもの)部門」の「どぶろく ひとめぼれ(火入れ)」(酒田発酵・山形県)の2つ。

酒文化研究所の狩野卓也代表から記念のトロフィーが贈られると、来場者からは称賛の拍手が盛大に沸き起こった。

出品された数多くのどぶろくたち
会場は多くのファンと審査員で埋め尽くされました

ご投票いただいた皆様本当にありがとうございました。

お陰様で清酒メーカーが造るどぶろくを抑えて火入れ部門でひとめぼれが大賞を、
ピンどぶが優秀賞を獲得することができました。
今後も酒質向上に努めて参ります。

酒田醗酵株式会社 代表取締役 兼 杜氏 髙橋昭夫

マスメディア紹介記事

朝日新聞記事
山形新聞記事